保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療、何が違う?

保険診療と自費診療、何が違う?

歯科診療には、保険診療と自費診療があります。その違いをくわしくご存じでしょうか? 一般的に、「保険は安い」「自費は高い」という費用面のイメージばかり先行しているようですが、違いはそれだけではありません。こちらでは横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「大橋歯科医院」が、保険診療と自費診療の違いについてくわしくご紹介します。

「保険診療」「自費診療」を比較してみましょう

保険診療とは、健康保険が適用される診療のことです。それに対し自費診療とは、健康保険が適用されないため、すべて自費になる診療のことをいいます。二つの診療の大きな違いは、決まったもので制作をするか、自分の好きなものを選択し制作するかということです。こちらでは、項目別にくわしく比較してみましょう。

費用 型取り 素材 技工物
保険適応の場合は3割負担、自費診療の場合はすべて自己負担になります。 型取りの際に使用する素材に違いがあります。精密な型取りができるかどうかにより、技工物の品質に影響があります。 保険では扱える素材が限定しています。一方、自費の場合最適な素材で治療を行えるため、使用期間や見た目が異なります。 技工物の制作にかけるられる時間が異なるため、保険と自費診療では技工物の品質に差が出てしまいます。
費用について

費用について

保険診療 自費診療
保険診療は自費診療に比べ、患者様が支払う金額は低くなります。しかし使用できる素材や治療法に制限があるため、思うような治療はできません。 自費診療の場合支払う金額は比較的高くなりますが、制限が一切ないため、機能性・審美性・耐久性ともに妥協することなく理想の診療を受けることができます。
型採りについて

型採りについて

保険診療 自費診療
保険診療では歯型を寒天系の印象材を用いて採取します。この印象材は水分を多く含んでいるため形が崩れやすく、精密な型採りは難しいといわれています。その結果、詰め物・被せ物と歯にはどうしてもすき間ができ、虫歯菌や歯周病菌が中に入り込んで再発を招いてしまうのです。 自費診療では歯型の採取にシリコン素材の様々な印象材料を使用します。保険診療で用いる寒天系のものに比べて変形しにくいため、精度の高い歯型の採取が可能です。その結果、精密な詰め物・被せ物をつくることができ、再発のリスクも抑えることができます。
素材について

素材について

保険診療 自費診療

保険診療では詰め物・被せ物の素材に、アマルガム合金やパラジウム合金など、いわゆる「銀歯」と呼ばれる素材が使用されます。銀歯は見た目が目立つうえに、経年によって金属が溶け出してイオン化し、体内に取り込まれることで金属アレルギーの原因になることがわかってきました。

さらに金属イオンは歯ぐきを黒ずませる原因にもなります。

自費診療では使用できる素材にも一切の制限がなく、セラミックやゴールド、チタン、超硬質レジンといった質の高いものを好きなだけ選ぶことができます。そのため「見た目が美しい」「金属アレルギーのリスクがない」「耐久性が高い」など、理想の治療が可能になります。

さらに詰め物・被せ物を歯に接着するセメントも、質の高いものを選ぶことが可能です。その結果、再治療の確率も大幅に低くすることができます。

技工物について

技工物について

保険診療 自費診療
保険診療では、歯科技工士は一つの技工物の作製にあまり時間をかけることができません。そのためどうしても質は落ちてしまいます。 自費診療では、歯科技工士は一つの技工物の作製に十分に時間をかけることができます。費用はどうしても高くなりますが、精密かつ美しい、長期的に使用できる技工物が完成します。

技工物について

このように、保険診療と自費診療では金額の高い・安い以外にも大きな違いがあるのです。自費診療が高いのには理由があり、長期的な視野で見た場合、一概にただ「高い」とはいえないことがおわかりいただけたでしょうか。治療法を選択する際には、その点をよくふまえて検討されることをおすすめします。

当院では、無理に自費診療をおすすめすることはありません。患者様の治療に対するご要望やご予算を伺ったうえで最適と思われる治療法をご提案します。メリットだけでなくデメリットもお伝えしますので、一緒に選んでいきましょう。