虫歯治療・根管治療

早めの治療で虫歯から歯を守りましょう

早めの治療で虫歯から歯を守りましょう

誰もが知っているお口の病気といえば「虫歯」でしょう。虫歯は気づかないうちにどんどん進行していくため、歯のダメージを抑えるためにはできるだけ早く治療することが大切です。横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「大橋歯科医院」では、「歯医者さんはちょっと怖い……」「痛い治療はイヤ……」と、苦手意識のある方にも通っていただきやすいように、痛みを抑えた虫歯治療に取り組んでいます。少しでも異変に気づいたら、すぐに当院までご相談ください。

「痛い」は、虫歯が進行しているサインです

「痛い」は、虫歯が進行しているサインです

虫歯は初期には痛みがなく、自分ではなかなか気づくことができません。ある程度進行したところで痛みが生じるため、「痛い」と感じたときには歯はすでにかなりダメージを受けていると思っていいでしょう。

また虫歯は一度治療をしても再発しやすいため、再治療をくり返せばいずれ歯を失ってしまいます。治療は決して先延ばしにせず、できるだけ早く受けるようにしましょう。

虫歯の原因とは?

虫歯の原因とは?

毎日歯みがきをしていても、歯と歯や、歯と歯ぐきの境目などに汚れを完全に取り除くことは難しく、除去しきれなかった汚れは溜まってやがてネバネバした膜に変化しています。これを「バイオフィルム」といい、ここに虫歯菌が棲みつきます。虫歯菌は食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、その酸が歯を溶かすことで虫歯ができるのです。

虫歯を防ぐにはお口の中の汚れをきちんと落とすことが大切ですが、歯みがきだけではどうしても汚れが残ってしまいます。定期的に歯科医院で専門的な歯のクリーニングを受け、汚れを残さず取り除くことをおすすめします。

痛みを抑えた治療のためのポイント

痛みを抑えた治療のためのポイント

進行した虫歯の治療にはどうしても痛みが生じるため、つい治療を後回しにしてしまうという方がおられます。しかし虫歯を放置すればどんどん悪化してしまうため、すぐに治療をすることが必要です。当院では、歯医者さんの治療はちょっと苦手……という方も安心して通っていただけるよう、できるだけ治療時の痛みを抑えられるよう、次のことに取り組んでいます。

Point 01
電動麻酔器の使用

Point 01電動麻酔器の使用

麻酔注射は、麻酔薬が体内に入るときに刺激が生じて痛みを感じます。そこで麻酔薬の注入速度・圧力を一定に保てる電動麻酔器を使用することで、痛みを抑えられるよう努めています。

Point 02
レーザー治療器の応用

Point 02レーザー治療器の応用

初期虫歯の場合、レーザー治療器で歯を削ります。レーザーは歯を削るときのイヤな音や振動が生じにくいうえに痛みも生じにくく、さらに必要以上に歯を削らずにすみます。ほかにも、歯石の除去や歯肉の切開、また歯周病菌の殺菌などにも応用が可能です。

重度の虫歯を抜歯から救う~根管治療~

重度の虫歯を抜歯から救う~根管治療~

虫歯が重度にまで進行すると、従来の治療ではその歯は抜かなくてはなりませんでした。しかし近年では、「根管(こんかん)治療」を行うことで、抜歯を避けられるようになりました。難易度の高い治療ですが、横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「大橋歯科医院」では、さまざまな先端機器を用いてより精密な根管治療を可能にしています。他院で抜くしかないと言われた重度の虫歯も救えるかもしれません。諦めず、当院までご相談ください。

根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療とは、歯根の中を通る「根管」という細い管の中から、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管、また感染源となる腐敗物などをきれいに取り除き、内部を消毒して薬剤を充填する治療です。最後に上部に人工歯による被せ物を装着して、噛む機能を回復させます。

根管治療は、通院回数が多くなることもあり、「どうして?」と思われることもあるかもしれませんが、それは根管が大変細かいうえに構造が複雑であるからです。途中で諦めず、私たちと一緒にゴールまで頑張りましょう。また難易度が高く、ドクターの知識や経験が問われるため、しっかりと取り組まなければ再治療が必要になるケースも少なくありません。当院ではさまざまな電動機器を用いて、確実な根管治療に努めます。

電動機器を用いた正確な治療

当院では根管治療に次のような電動機器を用いて、再治療を招かないよう正確な処置を行っています。なお使用する薬剤は身体に優しいものを採用していますので、ご安心ください。

エンドメイト

エンドメイト

根管を拡大する電動機器です。従来の手による拡大を併用することで、安全・確実な治療を短時間で行うことができます。

タスカルウィズ

タスカルウィズ

歯をクリーニングする専用の器具です。歯石を確実に除去することができます。

トライオート

トライオート

根管の長さをリアルタイムで測りながら拡大形成が行える機器です。湾曲した根管も、短時間で安全に拡大することができます。

EMS

EMS

超音波によって毎秒2~3万回の振動を起こし、根管内の細菌などを除去できる機器です。次亜塩素酸(じあえんそさん)などの薬剤を用いて行うことで、より精密な洗浄を可能にします。

~根気よく治療を続けましょう~

~根気よく治療を続けましょう~

根管治療は複雑かつ大変細かい根管を扱うため、とても難しい治療になります。そのため、確実に処置を行うにはどうしても時間がかかり、回数も多くなってしまいます。しかしそのために、中には治療を途中で中断されてしまう患者様もいるのが事実です。

根管治療を中断するということは、根管の中に細菌が残ったまま放置するということになり、そのうち歯ぐきが腫れて歯を支える顎の骨が炎症を起こし、結果として抜歯となってしまいます。

つまり根管治療は、根気のいる治療なのです。そのことをしっかりご理解いただき、最後まできちんと治療を受けましょう。