お口と全身の関係

お口と全身は深く関わっています

お口と全身は深く関わっています

「お口は全身の健康の入り口」と呼ばれていることをご存じでしょうか? お口の健康状態は全身の健康状態と直結しており、お口が健康であることが全身の健康には欠かせないといえるのです。当院では、お口のトラブルを治すだけでなく、ご自身の身体の健康についても興味を持っていただきたいと思っています。末永く、ご自身の歯で美味しく食べ、楽しく会話する健やかな毎日を過ごしていただきたいと思っています。

こちらでは横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「大橋歯科医院」が、「お口」と「全身」の深い関わりについてご紹介します。

全身疾患とお口の関係とは?

次の全身疾患は、お口と深く関わっているといわれています。

その1
糖尿病
糖尿病患者の方には歯周病にかかっている方が多く、糖尿病治療を行うことで歯周病が改善したというデータもあります。
その2
心臓疾患
「細菌性心内膜炎」は、多くの場合お口の中の細菌が原因となって発症するといわれています。また口腔ケアを怠ると、狭心症や心筋梗塞などが招かれることもあります。
その3
肺炎
誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって歯周病菌が気管に入り込み、肺に到達すると、肺炎を引き起こすことがあります。
その4
脳梗塞
歯周病菌が血管に入り込むと動脈硬化が起こり、脳梗塞の原因になるといわれています。
その5
早産・低体重児出産
妊娠中に歯周病にかかると、歯周病菌が子宮の筋肉に影響を与えるため早産・低体重児出産のリスクが高まるといわれています。

噛み合わせと全身の関係とは?

脳から神経、骨格、臓器など、全身の臓器は互いに影響を与え合い、バランスを図って正しく機能しています。噛み合わせの乱れも例外ではなく、全身に次のようなトラブルを招くといわれていいます。

  • 肩こり、首筋の痛み、頭痛がある
  • 疲れやすい、倦怠感、
    寝起きが悪い、
    食欲不振が起きる
  • 手足が冷える、
    肌が荒れる
  • のどが痛む、
    風邪を引きやすい
  • アレルギー、
    鼻炎がある
  • 生理痛、生理不順、
    頭痛がある
  • 立ちくらみ、めまい、
    貧血、を起こしやすい
  • など

これらの症状は、噛み合わせの乱れが原因で起きている可能性があります。もしかすると、噛み合わせを改善することで症状が緩和されるかもしれません。

~自分の身体に関心を持ちましょう~

~自分の身体に関心を持ちましょう~

お口と全身は、実に深い関わりを持っています。歯の状態が身体に影響を与え、逆に身体の状態が歯に影響を与えているケースも少なくありません。たとえば「歯が痛い」という症状が、身体の病気を原因として起きていた、というケースもあります。また、お口の中に現れている症状に対してだけ治療すればいいというものでもありません。

当院では、皆様にもっと自分の身体に関心を持っていただきたいと考えています。自分の身体が今どんな状態なのかを知り、お口の中も全身も健康に維持できるよう心がけていただければと思うのです。

~自分の身体に関心を持ちましょう~

当院は歯科医院ですので、患者様の全身を診察することはできません。しかしお口と全身のつながりをふまえ、たとえば筋トレやリハビリなどについてのアドバイスは可能です。お口のことだけでなくお身体についても、お気軽に当院までご相談ください。