スタッフ紹介・院長インタビュー

大橋歯科医院の院長・スタッフについて

大橋歯科医院の院長・スタッフについて

横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「大橋歯科医院」ではスタッフ一同が常に患者様の立場に立ち、心のこもった診療をご提供できるよう努めています。歯科医師としてお口のトラブルだけ治療するのではなく、全身の健康にも興味をお持ちいただけるよう、さまざまなご提案をしています。すべてはご自身の歯で、末永く健やかにお過ごしいただくために――。こちらでは、当院の院長とスタッフについてご紹介します。お口のお悩みは、どうぞ私たちにご相談ください。

スタッフ紹介

歯科医師
大橋 俊龍
オオハシ シュンリュウ
歯科医師大橋 俊龍オオハシ シュンリュウ
略歴

2000年 日本歯科大学 卒業

2004年 大橋歯科医院 勤務

所属学会・研究会 歯科医師会 会員

~ごあいさつ~

お口の中の状態は、日々変化しています。そしてお口のトラブルが全身に悪影響を及ぼしたり、逆にお身体のトラブルがお口に悪影響を与えたりするなど、お口と身体は深い関係にあります。つまり「健康」へのキーワードは、「そのときの自分の状況を知ること」。歯科医院では定期検診がその役割を担っています。

歯科医院での定期検診とは虫歯を見つけるものではなく、今のお口の管理状態がいいかどうかを診るものです。そして適切なケアを継続し、お口を健康に保つことが目的です。当院では、一人ひとりのお口の傾向をしっかり診て、適切なアドバイスをいたします。自分のお口の状態を知りたい、自分に合ったケア方法を見つけたいという方は、お気軽にご相談ください。

院長インタビュー

大橋歯科医院院長の大橋俊龍です

大橋歯科医院院長の大橋俊龍です

この度は当院のオフィシャルサイトをご覧いただきましてありがとうございます。私は歯科治療を希望される患者様に、歯科診療についての情報をご提供することで納得のゆく診療を受けていただきたいという想いから、こちらのサイトを立ち上げました。

父がこの鶴ヶ峰の地に開業して約45年、私は2代目として、鶴ヶ峰で歯やお口のことで困っている方のかかりつけ医として日々診療にあたっています。一般歯科での虫歯・歯周病の治療はもちろん、インプラントホワイトニングなどのほか、口内炎顎関節症、知覚過敏の治療など幅広く対応しています。

歯やお口のことでお困りの方はこのサイトを参考にしていただき、ご不明な点や疑問点などございましたら、無料カウンセリングのほかセカンドオピニオン、サードオピニオンとして当院にご相談いただければ幸いです。そしてじっくりご相談を重ね、当院で納得のゆく治療を受けていただければと考えています。

いざというときに相談できる歯医者を
2~3ヶ所持っていただきたい

いざというときに相談できる歯医者を2~3ヶ所持っていただきたい

これは私独自の考え方かもしれませんが、私は歯科治療を受ける上で頼りにする歯科医院を1つに絞る必要はないと考えています。

たとえば「虫歯や歯周病の治療をしたい」と患者様が望まれた場合でも、歯科医師の考え方や整えている設備、推奨している診療内容などによって治療計画や内容が違ってくることがあるからです。

患者様には、まず「通いやすい」「雰囲気がよい」「スタッフの対応がよい」など、なじみやすく定期的に歯やお口のチェックを受けるかかりつけの歯医者さんを持つこと、そして「ほかの歯医者さんの意見を聞きたい」あるいは「かかりつけの歯医者さんでは希望する治療ができない」などといった際に、セカンドオピニオン、サードオピニオンの位置づけで相談できる歯医者さんを2、3ヶ所持つことをおすすめしています。

とくに自費診療については、治療法・治療期間・治療費が歯科医院によって異なりますし、またなぜ異なるのか?という理由も医院によって違います。

いざというときに相談できる歯医者を2~3ヶ所持っていただきたい

私は、歯科医師がおすすめする治療であっても、患者様にとってはほかでもないご自分の身体のことですから、治療の選択肢や情報は多いほうがよいと思っています。1つの歯科医院に絞る必要はないと考えています。

そのためご来院いただいた際にはしっかりご要望をお聞きした上で、場合によっては「そういうご希望をお持ちなら別の歯科医院をご紹介しましょう」とご提案させていただくこともあります。

患者様のご希望をふまえた治療計画を
ご提案します

患者様のご希望をふまえた治療計画をご提案します

患者様によってご事情やご要望は異なります。当院ではまず治療の前に患者様のお話をくわしくお伺いし、できるかぎりご要望を叶えられる形で治療方法・治療計画をご提案しています。

たとえば「出張が多くなかなか通院できない」というご事情がある方なら、初回の治療を終えてから次の受診まで期間が空く可能性があります。そのような場合、次の受診日の予定によっては治療方針や使用する歯科材料を変更しなければならないケースもあります。

また歯根の治療の場合、神経が通っている根管(こんかん)という細い管を消毒してふさぐという処置をしますが、消毒をすることでかえって刺激をしてしまい、出張中などに痛みが出てしまう可能性もあります。

  • 「どの方法で治療を行うのか?」
  • 「どのタイミングで治療を行うのか?」

選択されるのは患者様ご自身です。当院では治療すること、あるいは治療しないことのメリット・デメリットなどをくわしくお話しし、一人ひとりの患者様にベストかつご自身が納得できる治療法やタイミングをご提案させていただきますので、じっくりご検討ください。

患者様のご希望をふまえた治療計画をご提案します

また「季節の変わり目に体調を崩しやすい」という方であれば、体調がすぐれない状態で無理に通院して処置をしても患者様はつらい思いをするだけです。これは治療効果にも影響を与えます。

体調を崩しやすい時期には応急処置のみを行い、本格的な治療は体調が整ってから行うなど、一人ひとりの患者様のご事情を考慮した治療計画を立てています。