一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

あなたのお悩みは?

あなたのお悩みは何ですか?

妊婦さんのお口の問題

妊婦期のお口の症状は?

妊娠すると食生活が不規則になり、酸性の食品(すっぱいもの)が増えます。
お口の症状は、つわりにより吐いたものに含まれる胃酸が口の中に残りやすく、ホルモン分泌の変化によってだ液が酸性に傾き、 ネバネバしてきます。
また、歯ブラシを口に入れるだけで気持ちが悪くなることが多く、歯磨きができなくなり口の中に食べかすが残りやすくなります。

妊娠によってホルモン分泌が変化し、歯肉は炎症を起こしやすくなるので、妊娠中はむし歯や歯肉炎になりやすい環境がそろいやすくなります。

対策方法は?

  1. 妊娠に気づいた時から、口の中がむし歯や歯肉炎などにかかりやすい環境になっていることを自覚して、 普段以上に気をつけることが大切。
  2. 歯磨きができない時は、うがいをしましょう。
    だらだらと甘いものなどを食べることは控え、何か食べたあとはすぐ口をゆすいで、食べかすなどが口の中に残らないように気をつけましょう。
  3. 比較的気分のよい時間帯に丁寧に歯磨きをしましょう。(ヘッドの小さなブラシに変えると磨きやすくなることもあります。)

妊娠中はむし歯や歯周病になりやすくなっている上に、これらの初期の病状にはなかなか自分で気づきにくいものです。
つわりがおさまり、4〜6か月頃の安定期に歯科健診を受けましょう。

妊婦さんのお口のケア

妊娠中のお母さんはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

1.規則正しく、バランスのよい食事

おなかの赤ちゃんは、お母さんが食べたものを栄養にして育ちます。体重の増えすぎや食事の控えすぎにも注意が必要です。 規則正しいバランスの取れた食事を楽しくとることが大切。
規則正しい食習慣は生まれてくる子どもの食習慣の形成にもつながります。

2.赤ちゃんの歯について

赤ちゃんの歯のもとになる芽(歯胚)ができるのは妊娠7週目頃から。
妊娠 10 週目ごろになると全ての乳歯の芽ができ始めます。
この歯の芽が妊娠4〜5か月から少しずつ硬い組織になり歯の形を作っていきます。

3.むし歯の原因となる「ミュータンス菌」

むし歯を作る「ミュータンス菌」。この菌は歯にくっついて増える性質を持っています。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌はいませんが、周囲の人の口の中にいたミュータンス菌が唾液などを介して、 赤ちゃんの口の中に入ってきます。
歯が生えていないうちはミュータンス菌が住みつくことはありません。
歯が生えてきて、いろいろなものを食べるようになると、ミュータンス菌は住みつきます。

授乳や食事の後はガーゼや歯ブラシなどで歯をきれいにしましょう。

あなたは何回噛んでいますか?

しっかり噛んで食べることは今すぐできる「肥満予防法」です。

しっかり噛んで食べることのメリットは?

  1. 早食いの防止。満腹感が得られやすく、食べすぎ、ドカ食いも防止します。
  2. よく噛むと視床下部からホルモン(神経ヒスタミン)が分泌され、食欲を抑制。
  3. 交感神経が刺激され、代謝が活発になり消費カロリーが増加。
  4. よく味わうようになり、うす味、少量でも十分な満足感が得られる。
ワンポイント!

食べ物を一口入れたら、箸を置いていつもより5回多く噛むようにしましょう。理想は一口30回。
自分の歯を健康に保ち、バランスのよい食事を美味しく、しっかり噛んでたべることが重要です。

歯の寿命は?

歯の寿命はどのくらいかご存知ですか。
奥歯で50年前後、前歯で60年前後と、かなり大きな違いがあります。
なぜ奥歯ぼ寿命が短いのでしょうか?
それは奥歯は前の歯と比べると食べ物の残りかすや、磨き残こしが多くあります。そのため、プラークが溜まりやすく、 歯へのダメージが大きくなるからです。

その他にも歯の寿命が短くなる要因はあります。

1.歯並びが悪い

歯並びが悪いとうまく磨けないところが出てきて、虫歯、歯周病の発生が高くなり、その結果歯の寿命が短くなってしまいます。

2.生活習慣

日頃の食生活も大きく影響します。甘いものや歯につきやすい食べ物を摂りすぎていたり、歯磨きをさぼったりしていては、当然ですが歯はダメージを受けます。

3.歯ぎしり、食いしばりなど癖も影響があります。

歯を失う原因のほとんどは。生活習慣病である「虫歯」と「歯周病」によるものです。日頃から正しい方法で歯磨きをしましょう。

»正し歯ブラシの方法 

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ